前へ
次へ

軽視したくない肩こりもある

背中に腕を回したり、腕を上げる動作など、病院でのリハビリテーション室では、こうした肩周りからのアプローチにて肩こりを解消させる運動法を指導してくれます。ちなみに、医療機関のみならず、今は医療の知識を しっかり持つパーソナルトレーナーが籍をおくトレーニングジムにおいて、パーソナルトレーニングを受けることもできます。もちろん、肩こりはリラックスさせることも効果的ですが、筋肉を鍛えること、質を高めることで予防にもなりうるようです。体験者の多くが肩こりが解消している声を上げています。肩まわりを強化するにも、専属のトレーナーあるいは、理学療法士・作業療法士に頼るのも有りでしょう。ちなみに、肩までしっかり温める入浴後に運動を取り入れるのが推進されています。こり固まった筋も柔らかくなっており、ストレッチと同様の効果があり、筋を痛めにくく、軽く運動することができます。ですが、こりを我慢はせずに、痛み止めの薬を服用したり、痛み止めやにんにく注射をするなども必要かもしれません。

Page Top